屋根塗装なら当サイトにお任せ!

こちらのサイトでは、わかりやすい屋根塗装の知識をまとめてあります。
これから屋根の塗装をやりたいと思っている人などは多いかと思われますが、屋根の寿命はどのくらいあるのかご存じでしょうか。
また、屋根と外壁塗装をまとめて行えば費用の節約効果があることや塗装にかかる費用相場がどのくらいの金額なのか、塗装工事の作業手順や日数などについて紹介してありますので、屋根及び外壁塗装をやる前にこちらを参考にされることをおすすめします。

わかりやすい屋根塗装の知識まとめ

わかりやすい屋根塗装の知識まとめ 屋根の寿命は15年~25年といわれていますが、防水機能だけを考えた場合には30年程度持つこともあります。
ただ、屋根材の種類や家のある環境などに応じて寿命が短くなることもある、この寿命を長く延ばすことができるのが屋根塗装です。
地球上に降り注ぐ紫外線は強力なもの、色あせが生じているものは防水性能などの機能も低下しており、早めに屋根塗装を行うことが推奨されています。
なお、屋根塗装を行うときの知識として覚えておくべきことは、塗装工事は高所作業であり屋根の上から行う場所もありますが、屋根の端などは足場を使って作業することになります。
外壁塗装も足場を組んで行う工事で、屋根塗装と外壁塗装を同時に行うと足場の費用を1回分節約できます。

屋根塗装の必要性を把握するにはセルフチェックも欠かせません

屋根塗装の必要性を把握するにはセルフチェックも欠かせません 屋根塗装は、一般的な住宅の殆どで必要とされる大切な施工内容です。
訪問タイプのリフォーム会社では、屋根の点検を行ってから塗装を勧めてくるものですが、会社の中には悪質な会社も実在しているので、全てを言いなりになることは避けるべき問題です。
屋根塗装を気にするようになった時には、セルフチェックをしてみる方法はあり、長めの脚立を使って屋根に上がれるような住宅では決して難しい作業ではありません。
セルフチェックで必要とされる項目は、屋根材による違いはあるものの、塗料が剥離していてまばらな状態になっているかどうかの判断、飛来物による破損が無いかどうかの判断、苔などが生えていないかどうかの判断基準は効果的です。
汚れや苔が目立つようであれば、水はけが悪くなっている証拠でもあるので、塗り替えのタイミングと考えられます。
金属製の屋根の場合は、下地が見えていたり継ぎ合わせ箇所の隙間などを確認すると分かりやすいものです。
シーリングが施工されている場所があれば、シーリングに直接触れてみて、硬化していたりひび割れが目立つような状態もセルフチェックで確認できる範囲です。
飛来物による穴は当然ですが、これらの項目を一つ一つ確認をしておくと、屋根塗装のタイミングは把握できます。

屋根塗装についてはコチラもチェック

埼玉 屋根塗装

新着情報

◎2020/11/13

作業手順とかかる期間
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

屋根塗装の費用相場
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「塗装 屋根」
に関連するツイート
Twitter